読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいごのなんとか

Unityユーザーとしてのブログ。ギリギリ路線走ってます。

Unity5からは"Assets/Plugins"フォルダは不要

今までは「PluginsフォルダがAssetsフォルダ直下にないといけない」仕様でした。これにより作成するプラグインのアセットが1つのフォルダ内に収まりきらずに少し残念な気持ちになったものです。

"Assets/Plugins/iOS/SocialConnector.mm" と "Assets/SocialConnector/SocialConnector.cs"のようにAssetsフォルダ配下に2つのフォルダが出来てしまっています。

プラグイン対象のアセット(.mmとか.jarとかもろもろ)」にPluginInspectorが表示され、使用するプラットフォームを選択することが出来ます。SocialConnector.mmiOS専用なのでiPhoneにチェックがついていますね。

f:id:anchan828:20141004003050p:plain

さて、驚いたことにiOSではFrameworkもPluginInspector上で追加することが出来ます。「このプラグインにはFrameworkが必要」という時に必要なFrameworkを一覧から探しだしてチェックを付けましょう。

今までは手動でXcodeプロジェクトにFrameworkを追加しなければいけなかったり、XCodeEditor-for-Unityを使わなければいけませんでした。Unity5からはその手間が必要なくなる、すばらしいです。

f:id:anchan828:20141004003113p:plain

ということで1つのフォルダ内にすべてが収まりました。Pluginsフォルダがありますけど名残というかわかりやすいようにしているだけです。Pluginsフォルダは必要ありません。

f:id:anchan828:20141004003814p:plain

  • Unity5は現在β段階です。仕様が変わる可能性があります。